宝塚にもキッザニアがあった?!「ミニたからづか」が凄い

子どもたちが主役の街

今年も2日間にわたり、ミニたからづかがフレミラ宝塚で開催されました。

中高生と小学生たちがつくる子どもたちのまちで、
お仕事を体験して、「ZUKA」を稼ぎ、お買い物をしたり食事をしたりします。

あれ?そうです、お気づきの方もいらっしゃると思います。
あのキッザニアと同じようなシステムです!!




キッザニアと違うのは、企画・運営するのが中高生だということ。
また、事前公募の小学生(高学年)のリーダーが、各店舗の店長だったりと、
まさに子どもたち中心の世界なのです。

 

どんなことが体験できるの?!

大きなくくりとして5つの内容がありますが、
「行政」、「公共」、「飲食」、「体験」、「あそび」とかなり幅広く豊富です。
そこから行政だけでも市役所、銀行、職業案内所、警察…と5種類もあります。
今年は全部で、25種類ものアクティビティがありました。

昨年初参加の時は同じ物のお仕事体験をし続けて、気が付いたら色々と売り切れていたと本人も反省していたので、
今年は色々頑張る!と意気込んでました。

今年は。。。4つお仕事体験したようです。
このお仕事した分で、たこせんやパフェなどを食べたり、ゲームをして遊んだりしたそうです。
大人が誘導したり、時間管理したり、付き添ったりしていないので、
より自分で考えて行動することができます。
昨年よりは考えて動けるようになったようです。成長ですね。
帰って買ったものをみせてもらったり、子供の話を聞くのもまた楽しいですよ。




早くも来年も参加する!
そして、いつかスタッフもやる!と嬉しそうにしています。

 

どうやったら参加できるの?

基本的に用紙は学校で配布されるので、近くの児童館に子ども自身が参加希望用紙を提出します。
参加できるのは小学校2年生から。

年に1度、12月の土曜日と日曜日の2日間、10:00-15:00で開催されます。
各日先着450人で、どちらか1日だけ参加することができます。

場所はフレミラ宝塚。
当日は9時から並ぶことができるようです。
9時半過ぎに行くとずらっと列は出来ていましたが、寒い季節なので程ほどに。




駐車場もありますが、限られています。
送迎だけなら速やかに移動させましょう。
フレミラ宝塚(売布東の町12-8)は
阪急宝塚線売布神社駅・JR宝塚線中山観音駅徒歩10分と駅から徒歩でも行けるので電車もお勧めです。

Follow me!