子供も楽しめる!大学際こそファミリーで!

大阪大学の学際、まちかね祭に行きました!

大阪大学の学際、まちかね祭へ今年も遊びに行きました!
焼きそば、揚げ餅、串揚げ、たい焼き、たこ焼き、餃子、綿菓子、
ソフトドリンクからアルコールまで、かなりのお店が出ているので、
グルメイベントとしても楽しめます。
もちろん腹ごしらえしました。
演奏なども豊富、ステージイベントも華やか。
雰囲気からして学際って楽しいですね!

想像力と技術に触れる!阪大レゴ部でレゴの凄さ

大阪大学レゴ部は、『レゴ(R)ブロックを通じて,社会や関西の子どもたちに社会貢献する集団』だそうです。
初めて学際に参加した時は、「あ!レゴ部ってあるよ、面白そうだから行ってみよう」
と何も考えず行ったのですが、子供にやさしいなぁと感じていました。
改めて調べて納得です。

こんな風にしたら、こう動いて、変身するよ~と教えてくれていました。
基本展示物は基本的に触ることができませんが、
中には実際に触ったり遊んだりしていいものがあります。

実際に打てるレゴの銃に夢中の息子。
凝ったデザイン、動くもの、音のなるもの、変形するもの、
なんでもレゴでできてしまうのかと大人でも見ていて楽しいですよ。

こちらは行列になっていた実際に遊べるUFOキャッチャー。
コインを入れてスタートするという凝りよう。
実際にとれたあめちゃんは、プレゼントしてくれます。

入場するのに少し並びますが、並んで入る価値はあります!

ロボットを動かせる!作れる!電子技術研究会

子どもたちがどっぷりハマったのが、電子技術研究会。
この線はどう繋がっているの?どう動くの?これは何?!
質問攻めでしたが、子供にも優しく教えてくれるお兄さんたち。
賢いうえに優しい。
コントローラーで動かして、物をつかんで動かす体験を楽しみました。

また別子これとは別に、有料ですが2種類ほどワークショップもありました。

まだまだある、子供も楽しめるコーナー

鉄道研究部的な展示でも、本格的な電車が走っている横に、
プラレールなんて走っていたりと、子供も大喜び。

昨年受付終了して観られなかったプラネタリウムも、少し並んで整理券をゲット!
こじんまりしていましたが、子どもたちは喜んでいました。

落語に興味のある上の子は、阪大寄席へ。
時間も20~30分でちょい見ができるのがありがたい。

今年は時間がなく行けませんでしたが、
昨年は研究棟では少し難しいことも、ワークショップ形式で子どもたちにも
出来るだけわかりやすく教えてくれました。
来年は朝から一日参戦したいと思います。

大阪大学まちかね祭

大阪府豊中市待兼山町1
HP https://machikanesai.com/

Follow me!