廃材作品から鬼滅まで?!見応えたっぷり、TAKARAっ子造形作品展

2020年度 TAKARAっ子造形作品展へ

TAKARAっ子造形作品展では、

宝塚市立幼稚園・特別支援・小・中学校の子どもたちの

図工や美術などの作品が、宝塚市立文化芸術センター 2F メインギャラリーで、

2021年1月8日(金)~1月19日(火)の期間展示されています。

これまでは公民館で開催されていましたが、

会場が変わりより魅力的なイベントとなりました。




日曜日の午後だったせいか、観に来る方も多く、

整理番号をもらって入場待ちでした。

15人待ちでしたが、

回転はよかったので、 10分も待たずに入ることができました。

 

幼稚園や小学生の作品はかわいらしく、観ていて微笑ましくパワーをもらえます。

小中学生はグループや共同製作でなければ、学年から数人選ばれての展示になります。

学年共同制作

学年共同制作

 


中学生ともなると、作品の感じもがらりと変わってきます。

細かかったり、丁寧だったり、発想もさらにパワーアップ。




廃材を使ったアート作品

廃材を使ったアート作品。

花瓶??と思ったら、糸巻の芯だそうです。




ちょっとかわいくて、面白かったのが、この展示。

鬼滅の刃のキャラクターがまぁまぁ紛れています。

子どもは炭治郎だらけや!とウケた後、その他のキャラクターも教えてくれました。

みなさん何人、何種類のキャラクターを見つけられましたか?!




2020年度 宝塚市立幼稚園・特別支援・小・中学校

TAKARAっ子造形作品展

2021年1月8日(金)~19日(火) 10:00~18:00
※水曜休館

会場: 宝塚市立文化芸術センター 2F メインギャラリー



Follow me!